仮想・暗号通貨/投資資産運用についてのブログ

朝日豊貴の仮想・暗号通貨Muragonブログ!北は札幌から仙台・東京・大阪・名古屋・南は福岡の全国へ広まって行くのでしょうか。

G20首脳会議で暗号資産を協議

6月に大阪で行われたG20首脳会議で暗号資産の規制について議論された。


先日フェイスブック社が独自の暗号資産「Libra」を巡り、国際金融市場は警戒感を強めているとされる。
銀行を介さずに米ドルなどの法定通貨に価値が裏付けされたLibraのようなステーブルコインで国際送金や決済サービスが世界的に浸透すれば世界各国の金融機関および金融緩和政策に与える影響は計り知れないと思う。


フェイスブック社は暗号資産Libraの発行について発展途上国など世界の成人人口31%にあたる17億人が銀行口座を持っておらず、金融システムから除外されてしまっているほか、移民などによる自国への送金にも高額な手数料がかかっているという。
Libraを使用すれば、これまで銀行などを利用できなかったユーザーにも金融サービスを提供するとのこと。



しかしフェイスブックは過去に利用者の個人情報を流失する失態を行い、資金洗浄にも利用されかねることも不安視されのも実態としてある。


暗号資産による資金洗浄対策に各国が足並みをそろえる姿勢が大事だと思う。


中国の司法がBTCを初めて合法バーチャル資産と認定

ブロックチェーン技術で自動運転開発

ネバダ大学という場所でブロックチェーン技術を使って自動運転を開発するプロジェクトが行われているとのこと。


仮想・暗号通貨は今後どうなっていくのか
仮想通貨の投資について札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡全国までキャッシュレスが進む昨今、朝日豊貴ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか。


ネバダ大学が「ネバダセンター・オブ・アプライドリサーチ」を通じ企業向けブロックチェーン及びモノのIOT企業「フィラメント」と提携して、自動車の開発を行う。
同校のプレリリースには安全性が高くドライバーがいない車と、周辺インフラとのつながりを向上させた自動運転の開発を目指していく方針みたいです。


仮想通貨代表コイン朝日豊貴(ビットコイン・イーサリアム・リップル) 
今後の仮想通貨は様々な決済や投資目的に使用される?
代表されるコイン(ビットコイン・イーサリアム・リップル)
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡まで全国に広がりつつあります。


時代とともに色々な技術が進化して行くことは良い事だと思うが、その反面ハッキングにより自動制御不可能なことがならないように、その点の絶対の安心を担保していただきたい。

マイニングで稼ごうとする日本企業も参入

最近あまり盛り上がりをみせていない暗号通貨市場
でもマイニングで稼ごうとする日本企業も参入してきてます。


暗号通貨には基本的に「マイニング」=「採掘」する必要があります。


マイニングとは、ビットコインを例にすると
全ての取引記録を追加で記していく作業のことです。
簡単に説明すると取引台帳があり、そこに全ての取引データを書き加えていきます。


但しその作業は誰もが簡単にはできなく
莫大な計算式を解かなければなりません。


仮想通貨・暗号通貨~今後日本でもキャッシュレス化が進んで行く!?
~仮想通貨・暗号通貨~
益々キャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか。
今後の未来予想!札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡



このような大変な作業を行ってくれた人に報酬としてビットコインが支払われます。
このことを「マイニング」といいます。



ビットコインはこのマイニング作業によって支えられております。


気軽に投資ができる仮想通貨の魅力とは!?資産運用
キャッシュレス化が進んで行く中
今後の仮想通貨市場!朝日豊貴の仮想通貨ブログ
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡
最近ではGMOインターネット・DMM.COM・SBIホールディングスなどの
日本の大手企業が参加しております。


マイニングのシェアは全体の70%を占めているといわれております。
ひと昔は個人がマイニングすることもできましたが、
現時点では莫大なコンピュータ設備を整えなければなりません。


マイニングは一番早く解読した人が報酬を得られる仕組みです。


今後の仮想通貨市場はどうなるの!?約22兆円よりも近い未来増えること間違いありません。 - 仮想通貨の今後予想する未来とは!?代表されるコイン(ビットコイン・イーサリアム・リップル)
代表されるコイン(ビットコイン・イーサリアム・リップル)
今後の仮想通貨は様々な決済や投資目的に使用される!?





ICOのリスクとは?投資全般的に言えること

投資には必ずリスクがあります。
暗号通貨なら尚更ハイリスク、ハイリターンです。



その名でも「ICO」といわれる投資方法もありますが、更にハイリスクです。


最大のリスクはトークンの価値が0になってしまうこと。
簡単に説明すると、例えばIPOは上場することによって資金を集めますが
ICOは資金を集めてから上場しようとします。
あくまでも上場しないとそのトークンには価値がありません。


ではなぜ?上場できないこともあるのでしょうか。


暗号通貨ブログ記事
・開発が予想以上に遅れている
バグが発生したり、人材の確保ができなくなったりして
資金調達の目的であるシステム構築が予定どおりに進まないことなどが考えられます。


・規制される
中国や韓国ではICOが禁止されております。
そのため、法理的に上場ができなくなったケースがあります。




暗号通貨に失敗しないためには朝日豊貴の考え方
・上場する取引所の審査
各取引所の独自の上場するための審査があり、
その基準を満たしていなければなりません。


くれぐれもICOも含めて投資するにはより慎重に余剰資金でやることをお勧め致します。











仮想通貨にはアービトラージ・マイニングの手法がある

仮想通貨で利益を上げる方法の1つとしてアービトラージがあります。


アービトラージとは取引所ごとに価格や手数料などが違う為、
安い取引所で購入し高い取引所で売却し、その差額の利益を得ることです。


別な言い方としては裁定取引とも言われます。


仮想通貨ブログ記事!朝日豊貴(札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡)
方法としては限りなく多くの取引所での口座開設が必要になります。
そして各取引所のレートを常に把握しながら、
予め売買の生じる手数料も知っておく必要があります。


どちらにしてもアービトラージでは高額な利益を得ることは難しいでしょう。




ビットコインを例としてあげると全てのビットコインの取引は
仮想上の取引台帳があり、そこに取引を追加記入しているのです。


その作業はかなりの計算量を必要とされるので、
現実個人でマイニングを行うことは限りなく困難です。


7割程度が中国系の企業が行っていると言われております。


でも最近では日本企業もどんどん参入してきております。
・GMOインターネット
・DMM
・SBIホールディングス


これらのマイニングを行う企業があるからこそ、管理者がいなくても
安心して公正に取引ができると言われております。